天気や湿度によって樹脂成形品の不良率変化にお困りの方

気泡やシルバー(銀条)による外観不良の発⽣や加⽔分解による強度不⾜・衝撃性の低下。
乾燥不⾜による⼨法誤差の発⽣など、特にPA(ポリアミド(ナイロン))、PET(ポリエチレンテレフタレート)、PBT(ポリブチレンテレフタレート)、PC(ポリカーボネート)、POM(ポリアセタール)、PMMP(アクリル)、LCP(液晶ポリマー)の材料で不良率が高くなることがあります。

原因は水分残りかもしれません。
徹底した除湿乾燥ですべて解決!